ソルフェジオ周波数 とチャクラの組み合わせを電子レベルで融合したブレスレット

ヒーリングパワーストーンブレスレット★ショップ|ソルフェジオ周波数 パワーストーンブレスレット

未分類

チャクラとは

投稿日:

チャクラとは?

『チャクラ』っていう言葉ご存知ですか?

サンスクリット語で「車輪」、「円」という意味なのだそうです。

宇宙から“エネルギー”や“気”を取り入れる連絡口とされています。

なにぶん目に見えない器官なので、たいへん説明が難しいのですが、昔から、この『チャクラ』という概念とパワーストーンは密接な関係があると言われています。

 

チャクラの基本的な考え方として、人間の精神と肉体のバランスに関与していて、自ら開発したり活性化することによって、心身ともに健康な状態を維持することができ、その結果素晴らしい人生を送ることができるということが言えます。

主要なチャクラは全部7つ

私たちの背骨に沿って存在しているといわれています。

そして、それぞれの部位のオーラに関連していて、それぞれの色を決定しています。

第1チャクラ

第一のチャクラは、サンスクリット語で『ムーラダーラ』と呼ばれ、色は赤、場所は尾骨のあたりです。

そのキーワードは、「生命エネルギー」で司る内臓、部位は「腎臓、脊椎、骨格・免疫系など」にあたります。

パワーストーン自身の持つエネルギー、外部から吸収した波動もそれぞれのチャクラに対応しています。

 

第2チャクラ

第二のチャクラは創造力の源であり、特に感受性に関与しています。

ここのバランスが崩れると、情緒不安定になったり、孤独感が顕著にあらわれたりします。

また若さと性的魅力の中枢でもあります。

『スヴァディシュターナ』と呼ばれ、へその下(丹田)に位置し、オレンジ色をしており、脾臓や膀胱、性腺などに関連しています。

第3チャクラ

基本的に私たちはチャクラを通して、宇宙からのエネルギーを取り入れ、代謝しているという考え方でよいと思います。

第三のチャクラは『マニプーラ』といい、そのキーワードは「達成感、情熱」、色は黄色で司る内臓は消化器系全般です。

みぞおちのあたりに位置し、知性や理性、個性に関与します。

 

第4チャクラ

四つ目のチャクラですが、『アナーハタ』と呼ばれ、色は緑、心臓や胸腺を司っていて、第一から第三までのチャクラと第四から第七までのチャクラを結びつける役割を担い、チャクラ同士のバランスを取る働きをします。

キーワードである「真実の愛」の通り、愛情の中枢にあたります。

第5チャクラ

人間の体でも、コレステロールなどで血液の流れが悪くなり、血管が詰まりだすと重篤な症状があらわれますが、“エネルギー交換所”としての働きのあるチャクラも、取り入れるエネルギーの量が増大し、その流れがスムーズであるほど健康であり、逆にその流れが詰まったり欠乏したりすると、病気の原因となってしまいます。

5番目のチャクラは『ヴィシュッダ』と呼ばれるもので、そのキーワードは「自己表現力」で、ここが詰まるとコミュニケーションがとれなくなったり、感情表現がうまくいかなくなったりします。

色は青で、司る場所は喉や肺などの呼吸器系です。

第6チャクラ

六つ目のチャクラは、『アージュナー』といい、キーワードは「直感(観)力」、色は藍、眉間に位置し、その司る内臓は左目、脳、脳下垂体などの神経系です。

別名「サードアイ(第三の目)」といわれ、ひらめきや直感(観)力が高まり、オーラなどの不可視性のものが見えたりします。

第7チャクラ

七番目のチャクラは、サンスクリット語で『サハスラーラ』といい、色は紫、位置は頭頂部、そのキーワードは「神聖な意識」、頭脳や目(右目)などを司っています。

そして、エネルギーがチャクラを経由して到達する重要な中継点を担っています。

世界初!ヒーリングパワーストーン

ソルフェジオ周波数とチャクラの組み合わせでなりたい自分になれる新しいパワーストーン!

電子レベルで共鳴するチャクラバンドです!

詳しくはこちら

-未分類

Copyright© ヒーリングパワーストーンブレスレット★ショップ|ソルフェジオ周波数 パワーストーンブレスレット , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.