ソルフェジオ周波数 とチャクラの組み合わせを電子レベルで融合したブレスレット

ソルフェジオ周波数ブレスレット★ショップ

未分類

ソルフェジオ周波数のしくみ

投稿日:2017年1月1日 更新日:

ソルフェジオ周波数はカバラ数秘術で作られています。

その根本の数は3で、3は古代宗教ではもっとも聖なる数とされました

※キリスト教でも三位一体など3は常に聖なる数として扱われている

前述したようにソルフェジオ周波数の基本となる周波数は、440Hz から純正律で導かれる 528Hz と 396Hz です。

この数にカバラ数秘術で3桁の3を表す 111 を足し引きして等差数列を作ります。

※常に同じ数を足して出来る数列

ソルフェジオ周波数はすべて3で割り切れる数です。

396-111=285
285-111=174

これで、174、285、396 のソルフェジオ周波数の最初の3つが出来ました。

次に 528 から、
528-111=417
528+111=639

これが、417、528、639 のソルフェジオ周波数の真ん中の3つとなります。

最後の3つは 741 から始まります。

741+111=852
852+111=963
となり、741、852、963 となります。

さて、639 と 741 の関係はどうなっているのでしょうか?

741-639=102 となり 111 ではありません。ここでもう一度ソルフェジオ周波数を整理して、数秘術で換算してみます。

やり方は3桁の数をそれぞれ足していき、2桁の数になったらさらに足し1桁の数にします。
174=1+7+4=12=1+2(数秘術 3)
285=2+8+5=15=1+5(数秘術 6)
396=3+9+6=18=1+8(数秘術 9)
417=4+1+7=12=1+2(数秘術 3)
528=5+2+8=15=1+5(数秘術 6)
639=6+3+9=18=1+8(数秘術 9)
741=7+4+1=12=1+2(数秘術 3)
852=8+5+2=15=1+5(数秘術 6)
963=9+6+3=18=1+8(数秘術 9)

こうして見るとソルフェジオ周波数の数列は、カバラ数の「3、6、9」の繰り返しになっ
ていることが分かります。

6は、3×2=6であり、またその数のすべての約数の和と自身が等しい完全数(1+2+3=6)といわれる特別な数でもあります。

9は3×3=9、つまり3の平方数です。

このように「3、6、9」は「3」という聖なる数のグループであり、中世では音楽理論の中心となった数です。

東洋でもこれは「弥勒菩薩」の「みろく」につながる神聖な数です。

さてここで、それぞれのソルフェジオ周波数から対応する「3、6、9」を引き、それを9
で割ります。

その答えをさらに、後の数から前の数を引くと 12 という数が現れてきます。

(174-3)/9=19
(285-6)/9=31 31-19=12
(396-9)/9=43 43-31=12
(417-3)/9=46 46-41=3
(528-6)/9=58 58-46=12
(639-9)/9=70 70-58=12
(741-3)/9=82 82-70=12
(852-6)/9=94 94-82=12
(963-9)/9=106 106-94=12

ここに現れてきた数列は 43 と 46 の間が3になる以外は、すべて 12 を足すことでできています(公差 12 の等差数列)。

12 は3の倍数でありながら4でも割り切れる約数の多い特別な数です。

12 進法は時間で使われており、12 は時間を司る数ともいえます。

また、数秘術では3になります。

639 と 741 の関係の必然性はこれで説明できます。43 と 46 の間が 12 にならないのは、396と 528 の関係からの必然で、ここだけは基数の3になります。

963 に 111 を足すと 1074 となり、0 を無視することにより、これは最初の数 174 となり、このソルフェジオ数列は循環します。

このようにソルフェジオ周波数は、カバラ数秘術を使って意図的に作られています。

世界初!ヒーリングパワーストーン

ソルフェジオ周波数とチャクラの組み合わせでなりたい自分になれる新しいパワーストーン!

電子レベルで共鳴するチャクラバンドです!

詳しくはこちら

-未分類

Copyright© ソルフェジオ周波数ブレスレット★ショップ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.